知財ビジネス

知財ビジネス · 2022/09/22
今年の夏、石川県が開発した高級ブドウ「ルビーロマン」がひと房150万円で落札されたとの報道(東京新聞 2022.7.15)がありました。ルビーロマンは糖度が18度、1粒20グラム以上あるのが特徴の高級品種とのことです。 その一方で、こんな記事も。...
知財ビジネス · 2022/09/22
「mimic」というサービスをご存じでしょうか。インターネット経由で提供されるサービスの名称で、いくつかのイラストを読み込ませると、AIがそれらのイラストの個性や特徴を学習してそれっぽい画風のイラストを生成してくれるといったサービスです。 現在、mimicのサイトではβ版が公開されています。...
知財ビジネス · 2022/08/26
ジーンズをバッグにリメークして販売していた女性が商標法違反で逮捕されたとの報道(新潟放送 2022.8.23)がありました。 記事によると「容疑者がリメークし、ロゴやタグも容疑者がつけた」とあります。ジーンズの後ろポケットについているロゴや、ポケットに縫い付けてあるタグなど指しているのでしょう。...
知財ビジネス · 2022/08/26
格安ステーキで一世を風靡した「いきなり!ステーキ」ですが、昨今の業績不振で創業社長が辞任するなど暗雲が立ち込めています。 そんな中、「『いきなり!ステーキ』商標権が債務の“担保”に入っていた」といった記事がYAHOO!ニュース(2022.8.13)に掲載されました。これは、今年2月の週刊文集の記事の再掲です。...
知財ビジネス · 2022/07/26
インターネットを誰もが空気のように使う時代です。メルカリなどネットで誰もが簡単に売り買いができるようになりました。しかし、まだまだ知財についてのリテラシーが追いついていかないのが実情のようです。 そのことを象徴するような事件がありました。 「エルメス」リメークのヘアゴム販売は違法 「かわいい」SNSで横行...
知財ビジネス · 2022/07/26
昨今、クラウドファンディングを活用して新しいビジネスを立ち上げるのは当たり前のアプローチになってきました。最近でも、法隆寺が寄付集めに利用したことがニュースになって身近に感じた方もおみえでしょう。 ところが、せっかくのクラウドファンディング活用も、知財の視点でも気をつけないと問題を引き起こすこともあるようです。...
知財ビジネス · 2022/06/29
マンガ海賊版サイトを集めたポータルサイト「漫画村」の摘発、ファスト映画サイトへの映画会社からの損害賠償請求など、このところインターネットでの違法動画サイトを巡る事件が世間を賑わせています。...
知財ビジネス · 2022/06/23
このところ複数のお客様からAmazonブランド登録について相談を受けました。そこで、今回は「Amazonブランド登録と商標登録」と題して、簡単に触れてみようと思います。 Amazonブランド登録とは、Amazon市場でのフリーライド(他人のブランドに乗っかること)や侵害から自社ブランドを守ることを目的として、Amazonに自社ブランドを登録する手続きです。...
知財ビジネス · 2022/05/31
ひとつ前の記事では、商標「ゆっくり茶番劇」を巡る事件は、大きな流れの中で顕在化した現在の商標制度のほころびを示すひとつの事象ともいえる、と解説しました。 実は、特許制度においても同様の事件がいくつも起きています。そのひとつ、最近の例をご紹介して一緒に考えてみましょう。 今年3月にあった「ドワンゴ vs FC2 特許侵害事件」の地裁判決です。...
知財ビジネス · 2022/05/20
商標「ゆっくり茶番劇」を巡る最近の事件、ご存知ですか? ネットの世界で議論が交わされている事件ですが、地上波テレビのニュースでも取り上げられました。次のサイト(日テレNEWS)をご覧いただくと事件の概要が分かります。...

さらに表示する